2010年02月05日

アクセスvbaでOLEオブジェクトの挿入

サポートではないが、ちょっと人に出した宿題。
会社で使うアクセスで管理する情報。
個人情報レコードにオブジェクトを入れる必要があり、一つ一つ手作業でやろうとしてたから、情報システム部門として、手作業は関心しないので。

色々調べて分からなかったみたいなので結局答えを教えたが、
結果よりも重要なのが調べる過程。
調べる力は必要だもんね。
で、以下を教えた。あとは応用。

テーブル直結の表形式のフォームを作成して、
------------------------------------------------
Me.[オブジェクト用ボックス名].SetFocus
OBJFile = フルパスのオブジェクトファイル名

If objFS.FileExists(OBJFile) Then
With Me.オブジェクト用ボックス名
.Class = "Package"
.SourceDoc = OBJFile
.Action = acOLECreateEmbed
End With
End If

DoCmd.GoToRecord , , acNext
------------------------------------------------
これをループさせた。

俺自身はものぐさだから、手作業する気はさらさら無い。
手を抜くための自動化機能を必死で作るのさ!
posted by grot3 at 22:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | サポート
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/35145411

この記事へのトラックバック