2010年07月22日

avi動画ファイル in vista

vistaで、aviファイルが再生できない。
音声は出るが画像が…。

「xvidデコーダが無い」と言われるので、以下をダウンロード&インストール。
ffdshow

なんだかインストールが終ったの?って感じで終了するが、real playerやwindows media playerで再生出来た。

また、一部の画像が飛び飛びに再生されるaviファイルは、デスクトップ上で右クリック → グラフィック プロパティ で表示されるintelの画面で「ディスプレイ設定」で画面の色を16ビットにすると改善された。
どうせ普通に使う分には16bitも32bitもたいして変わらないし、いいよね猫

ちなみにこれってWindows7では改善されてるのかな?
posted by grot3 at 22:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | サポート

2010年07月20日

Microsoft Access 2010 Runtimeのサイレントインストール

結果から言うと、分からんパンチ
----------------------------------------
追記)2010/7/23
一部分かりました。
----------------------------------------

Microsoft Access 2010 Runtime

これをダウンロード。
extractオプションで展開。
setup.xmlを見て、とりあえずDisallowAbsentをyesにしてみる。
セットアップエラーとなる。

たぶんsetup.xmlから分岐して、環境に適したxmlを呼ぶんだと思う。
setup.xmlの最終行付近を見ると、『FILE id=…』の行がいくつか。
この行を良く見ると「MD5=」の記述がある。「size=」の記述も。
どうやらハッシュダイジェストやサイズが一致しないと駄目らしい。
試しにxml内に処理に影響が無いコメント行を追加しただけでも駄目だったから、やっぱり見ているんだろう。
setup.xmlの2行目には『SIG=』の文があり、自分のハッシュ値もチェックしてるんだろう。

と言う事は、このファイルを変えた後、このハッシュ値も合わせて変えてあげればよいはず!!

と思ったが、算出方法がわからない。

そんなこんなで一日が過ぎた。

誰か教えて下さいもうやだ〜(悲しい顔)

と言うか、ここまでチェックしてるって事はMSはランタイムのサイレントインストールをさせたくないのか?
posted by grot3 at 22:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | サポート

2010年07月14日

カハマルカの瞳

作業手順をPCの操作を録画して使いたいと。

以前見たことがある情報を元に、「カハマルカの瞳」をダウンロード。

    利点:
  • フリーソフト

  • インストールが不要

  • マウスもキャプチャ可能

  • 操作もそこそこ分かりやすい



悪い点:
  • リソースを食い、コマ飛びが多い

  • aviファイルで作成されるので、マチャメチャファイルが大きくなる。20分で6GB近くなった。



  • コマ飛びについては、手順を再現する上では耐えられる程度。
    ファイルサイズについては、ムービーメーカーで圧縮すればOK。

    以上で、これを使おうかと思っている。
    posted by grot3 at 20:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | サポート

    2010年07月13日

    ウィルスバスター2011(仮)

    テストに参加してみた。

    悪くないよ。
    でも、インターフェースって毎年刷新する必要ってあるのかね?
    直観的に分かりやすくするだけで良いので、出来れば少しずつ洗練させていけばよいと思うんだよね。

    使い勝手が悪いわけじゃないよ。



    テストしたのは単なる興味本位と、何か当たるかな?って期待だけ。うちでは2004年から使い続けてる。なにかおくれ目
    posted by grot3 at 23:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | サポート

    2010年07月12日

    イベントプロパティに指定した式 クリック時 でエラーが発生しました

    Access2010で、なぜか、何をやっても、どのイベントを実行してもこのエラーがでるファイルがあった。
    旧バージョン(2003)では問題無く動くのに…

    下図エラーが出る。

    event_error.jpg


    で、いろいろやってみた結果、2010形式に変換しても駄目だったが、新規ファイルを作成し、ここに全てのオブジェクトをインポートしたらエラーが出なくなった。

    で、やり方をまとめてみた。

    新規Accessファイルにオブジェクトをインポート


    でも原因がわからないんだよな〜。というか、そこまで見る時間もなかったし…。
    posted by grot3 at 20:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | サポート

    2010年06月16日

    office2010

    明日発売!

    で、色々検証してみたがよくわからなかったのがAccess。
    いや、使い方はわかるよ。
    2003で作ったAccessの使用。

    2010形式への変換の仕方。
    2003で作ったのを2010(Beta)で開くとエラーが出るんだよね。
    2010で開いて、変換が出来ない。Betaだから?

    知っている方、教えて下さいm(_ _)m

    ちなみに冴子2010についても…
    http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1004/22/news051.html
    posted by grot3 at 20:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | サポート

    2010年06月15日

    STOP 0x0000007B

    XPのパソコンが壊れたと。
    確認したところ、Windowsの起動画面で延々と待たされ進展無し。

    XPのOSのディスクがあるから、これでchkdskでもやるか…

    そしたら 、画面の途中でパッと切り替わり、STOP 7Bのエラー。

    HDDが見えないみたい。でも、起動画面まではいくから生きてるはず。
    取りだすと、SATA。
    そうだ、vistaからXPへのダウングレードで買ったやつだからこういう場合もあるんだ。
    SATAはAHCIが使われるが、XPの標準ドライバには無いから、CDブートする時にはドライバディスクが必要みたい。

    もしくは、BIOSでAHCIを使わない設定に変えるかのどちらか…。

    ドライバディスク、作ってやろう!!

    マザーボードの種類を確認。Intelだ。

    AHCI: AHCI 用 F6 フロッピー・ディスク・ユーティリティー』をダウンロードしてディスクを作成。

    CDブート後にドライバを適用する場合、真っ青な画面のはじめにF6を押すように促す画面がちょっとだけ表示されるから、その間にF6を念のため5回ほど押す。
    (だからドライバにF6の名前が付いてるんだね)


    その後、ドライバを適用する画面が表示され…
    ドライバを選択し…
    続けると…

    できた!!

    始めは良く分からず時間がかかった。。。

    もう少ししたら、情報をまとめようかと考え中。

    -------------------
    追記:
    とりあえず文面に残した。

    http://www.grot3.com/memo/f6/f6.html
    posted by grot3 at 19:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | サポート

    2010年06月12日

    PIO病

    パソコンの動きが遅い中でも、尋常ではない程遅い。
    デフラグしてみるが、思ったほどフラグメント化してはいない。
    空き容量も充分。
    ソフトもそれほど入れてないし、ウイルス対策もしている。
    はて?…と思い、IDEの転送モードを確認、
    見事にPIO!!!
    おぉぉぉぉぉーーーーーー!!
    どうしよう?
    処理の最中で、再起動出来ないから、とりあえず放置。

    HDDは一つだけ。
    セカンダリやCD/DVDならドライバを削除して再起動かければよいが、削除して起動しなくなったらどうしよう?
    嫌だな〜。


    -------------------------------------------
    追記:
    http://monohonblog.seesaa.net/article/343744.html
    これを参照して出来ました。
    速くなったよー(^^)
    posted by grot3 at 22:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | サポート

    2010年06月10日

    ショートカット調査

    ショートカットファイルのリンク先がファイルサーバーがリンク先の場合、ファイルサーバーを変えるとショートカットファイルの作り直しが必要。

    でも、デスクトップとかに意外とちらったショートカットファイル。

    どれがどの場所へのショートカットかって分からない。

    で作ったのがこれ。
    ショートカット調査

    hta版とvbs版の二つ。

    人によってはこれといって用途は無さそう…。

    誰か試しに使ってみて感想をお聞かせ下さい。
    posted by grot3 at 20:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | サポート

    2010年06月09日

    PowerShell

    以前、XPにSP3を適用して以降PowerShellが使えるようになった。
    SP3後の更新プログラムだったっけかな?

    本格的に勉強を開始しなきゃな〜、と思いつつ、まだ。

    PowerShell学習帳

    とりあえず、こんなものかな。
    成り立ちや、コマンドとは?みたいなのではなく、プログラミング経験者用のサイト。

    要点をかいつまんでの説明。
    実際に自分で試して確認してね…的な。

    こんなんで充分。

    あと、silverlightもやるべきだろうか?
    愛すべきDreamTheaterの『Black Clouds & Silver Linings』を想像する。

    その前に、クラウドについてもちゃんと調べなきゃ…。

    新しい技術に追いつかないまでも、片鱗くらいはつかんでおきたいな、って思う。
    でも物覚え悪いし頭悪いし…どんっ(衝撃)もうやだ〜(悲しい顔)
    posted by grot3 at 21:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | サポート

    2010年06月01日

    DENSO BHT-500B

    このまえ書いたbasicで書き直しているプログラムとは、
    DENSOのBHT-500BシリーズのBHT-503B用。

    何とか解読できたので、余分な部分を修正したり、追加したり。

    一から作る方が簡単かもしれないが、現在稼働中のもののため、怖いので少しずつ、確実に修正することに。

    Excelのマクロの自動登録同様、無駄なコードが多すぎ。
    するとコードが半分位に。

    文字列中の置換(空白)も、TRIMが使えなかったもうやだ〜(悲しい顔)ため、ファンクションTRIMXを作って代用。

    LEN(文字列変数)で文字数を取り、文字数の数だけWhileでループ。

    ループ内の処理はMID(文字列変数,ループ変数,1)で一文字ずつ取り出して空白かどうかを検査し、空白でなければリターンされる変数に追加していく。。。

    数行のコードだから、始めからこの方法にすれば良かった。
    Webを検索しまくったからな〜。
    マニュアルもけっこう読んだしもうやだ〜(悲しい顔)
    posted by grot3 at 22:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | サポート

    2010年05月27日

    basic

    バーコードリーダーでのプログラムを作成していたが、
    だんだん要望が複雑になり、対応が困難に…

    プログラムはジェネレータソフトみたいなので作っていたが、
    これでつくるとbasicでコードが出来る。

    なので、basicの直書きに路線変更。

    と言っても、basic経験無し!!!

    ただ、言語は色々扱ってるので、なんとかなりそう。

    変数の文字列置換ってどうやるのモバQ
    posted by grot3 at 20:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | サポート

    2010年05月26日

    海外対応の続き

    とりあえずこちらでパソコンを用意して海外に送付する予定。
    で、手続きを。

    ノートパソコンの場合、ひっかかる部分は「無線LAN」「バッテリ」。バッテリは危険物になるんだって。無線はよくわからんが駄目らしい。


    必要な書類は以下。
    ・非該当証明書(項目別対比表)←呼び方が違う場合があるが、どちらかで通じるみたい。
    ・本体とバッテリのMSDS

    メーカーはIBM(現Lenovo)。

    以下URLを確認して連絡した。
    http://www-06.ibm.com/jp/domino04/pc/support/Sylphd09.nsf/jtechinfo/SYJ0-03446FD

    電話すると、非該当証明書は5営業日。MSDSは2週間かかると。
    MSDSは電話で手続きできるけど、非該当証明書は申請用紙の提出が必要。メールで来た申し込み用紙はExcelだった。

    バッテリだけが問題なら、とりあえずバッテリ外して送付して、アダプタつなげてもらえば一週間は早く送れる。

    なんか、面倒な感じふらふら。。。
    posted by grot3 at 21:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | サポート

    2010年05月25日

    海外対応

    海外の子会社。
    パソコンを送付するのって、かなり面倒みたい。
    これに関してはこっちの仕事じゃ無いけど。

    MSDS取り寄せたり、書面上の手続きがあったり。
    手荷物としてならOKだそう。

    だから、こちらが手を入れるしかない対応も、「PC送って」とはなかなかいかない。

    現地で対応してくれる人がいないってのも、なんだかね。
    posted by grot3 at 22:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | サポート

    2010年05月18日

    XP Sp3の続きの続き

    ドメイン認証が…の件。
    ドメインに参加しなおしてしばらくは使えるが、時間がたつとファイルサーバにアクセスできなくなる。
    「セキュリティに危害を与える試みが検出されました」のメッセージ。
    イベントログには「ダウングレード アタックの試みを検出しました」。
    kerberos認証のどこかで不具合?

    対象の端末は、全てXP3の適用に失敗したやつ。
    XP2でKerberos認証が変わったとか聞いたことあったから、XP3失敗してXP2のどこかに損傷が与えられて、Kerberos認証に不具合が…って考えたけど、結局やることはいまの段階では一つ。
    XP3の再挑戦!!

    明日、このブログで報告します。。。
    posted by grot3 at 23:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | サポート

    2010年05月17日

    XP Sp3の続き

    先日実行したSP3の適用。
    一度にやったので、失敗したPCの画面なんか見てない。
    自動で再起動されたみたいだし。

    で、時間の都合上後回しって事で、そのままにしたが、本日何故かドメイン認証がうまくいってないみたい。
    失敗したやつ全部。
    一回WORKGROUPにしてからドメインに入り直したら正常に。

    あぁ、失敗した時の画面見たかったな。

    あと、IE8にした後の「Drive Letter Access Component」のエラー。
    これは無効にしてやったぜパンチ
    posted by grot3 at 22:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | サポート

    2010年05月16日

    WindowsXP SP3

    WindowsXP SP3のサポートが7月13日に終了する。

    http://www.microsoft.com/japan/windows/lifecycle/default.mspx

    企業なので、当然対応せざるを得ない。
    作業的には単純だが、時間との勝負。

    対応方法としては、平日は無理。もちろん時間かかるため。

    ユーザー対応とするか、情報システムでの対応となるか。

    ユーザー対応になる場合、配布して「帰宅時に実行して、翌日確認してください」となるだろうが、これはやらなかった。

    休日にやる方法を選択したが、[クリーンアップを実行しています]の状態から進まない端末がいくつか。

    結局、最大8時間位かかったものもあった。
    ただ、エラーもあったが、起動しなくなるといったトラブルが無かったのが幸いだ。

    全台対応って、かなり疲れるけど、色々な情報が収集できる場でもある。

    端末固有のもの、大半で出るメッセージ、イレギュラーなもの。

    これだけのサンプル数を見るのもなかなか無いからね。

    疲れるけど…
    posted by grot3 at 23:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | サポート

    2010年04月13日

    ワードアート(office2000)

    office2000で、ワードアート使用中にで何故かインストーラーが起動する。

    見てみると、特定の文字を入力すると発生する。

    その文字とは「々」。

    その対処はofficeの追加機能のインストール

    [office ツール]
        +[インターナショナル サポート]
            +[ヘブライ語とアラビア語のサポート]

    インストールソースはクライアント側に保存してないからね。

    あと、「々」と「ー」が、同じと判断される。
    http://support.microsoft.com/kb/414445/ja

    これは今も。

    Ctrl + F での検索でも同じと判断されるんだよね。
    あ〜、いやだいやだ。。。
    posted by grot3 at 23:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | サポート

    2010年03月30日

    excelのデータを固定長のテキストファイルに2

    2010/2/9のブログでも書いたものの続き。
    いくつかの部署から同じ質問をいただき、その都度専用のマクロを作るのはいやだ!ってことで、汎用的なアドインを作成した。
    http://www.grot3.com/software/office/excel/kotei.html

    使い勝手は良いと思う。
    たいしたものではないが、ちゃんと色々考えて作ったので、誰か使ったら感想教えてくれると嬉しいなわーい(嬉しい顔)
    posted by grot3 at 22:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | サポート

    2010年03月10日

    リモートデスクトップ

    リモートデスクトップを使用しようと接続先へ繋げると、一応接続できるが、直後にエラーのダイアログ。

    『ユーザーインターフェイスエラー

    リモートコンピュータ上のWindowsログオンソフトウェアが、互換性のないソフトウェア "ファイル名" に置き換えられたため、リモートデスクトップ接続を起動できません。

    問題を修正するには、リモートコンピュータのadministratorがプログラムの製造元に連絡してWindowsと互換のバージョンを入手するように連絡してください。』


    ユーザーインターフェイスエラー

    との事。

    原因は、接続先のレジストリ「HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Microsoft\Windows NT\CurrentVersion\Winlogon\GinaDLL」(REG_SZ)の存在。

    [Ctrl]+[Alt]+[Del] を同時に押した時のログオン・ダイアログボックスをカスタマイズしたい場合、このレジストリ値にファイル名を入れる。すると、ここで指定したファイルをダイアログボックスとして使える。
    このキーが無い場合、System32内のmsgina.dllが使われる。

    特殊な機械じゃなきゃやらない!

    今回の接続先端末はPOS用のWindwosEmbedded。

    このレジストリキーを削除(再起動不要)して、リモート接続した後に元に戻した。
    posted by grot3 at 21:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | サポート